無添加と書かれていたら安全?

最近よく目にする「無添加」の表示。食品や化粧品、薬用化粧品にこの表示があるとなんとなく安全と思ってしまいます。そもそもこの「無添加」とはなんでしょうか。「無添加」すなわち「安全」と考えてよいのでしょうか。

化粧品が無添加とうたうのは、いわば業界の共通認識のようなものになっています。かつて薬事法では石油系合成物やパラベンなどを指定し、それらを使用する場合は製品に表示しなければならないとされていました。表示指定成分などと呼ばれるこれらの成分には防腐剤や紫外線吸収剤、色素などの化合物が含まれています。表示が義務付けられるような成分であれば消費者も気になるものです。

そこで、これら表示指定成分を使用していない製品について「無添加」と言いはじめたとの説があります。無添加といえば防腐剤や保存料などの化合物が使用されていないととらえられがちですが、それは表示指定成分無添加ということです。そもそも日本には無添加との表示の基準に明確な定義はなく、表示指定成分を使用していないことから無添加化粧品として販売してきたのですね。

その後薬事法が2001年に改正され、化粧品は全成分を表示しなければならなくなります。同時に、使用が禁止される成分を除けばどのような成分も配合できるようになったのです。現在多くの化粧品のラベルに難しいカタカナの物質名が記載されているのはこのような理由です。全成分が表示されることは喜ばしいのですが、記載されている成分の判別には知識が必要です。

化粧品メーカーには全成分表示が義務付けられ、消費者には自己責任が求められたともいえます。たとえばDPG(ジプロピレングリコール)という成分は保湿を目的に配合される合成化合物です。ハンドソープなどに配合されている成分ですが、これを配合した製品でも指定成分の防腐剤や着色剤等を使用していないことから「無添加」とうたわれて販売されています。

このように、旧指定成分が入っていないから無添加とうたっても、代わりに別の合成化合物を使用していることもあります。「無添加」のうたい文句だけでは化合物などの使用不使用はわかりません。製品選びにも知識が必要となる、まさしく自己責任の時代になっています。

ニコハンドメイドソープは全成分を表示公開しています。食用油脂原料であるパーム油、つばき油、オリーブ油など、8つの原料のみを使ったシンプルなハンドメイドソープを作りました。無香料で、原料はできる限り国内メーカー製品を選定しています。まずはトライアルで、お肌との相性を試してみてはいかがでしょうか。