洗顔料は洗顔フォームと石鹸のどちらを使いますか?

化粧品売り場には「ダブル洗顔いらず」、「肌のキメを整える」、「大人ニキビ対策に!」などの魅力的なキャッチフレーズとともに多くの洗顔フォームが並んでいます。実際に使ってみても洗顔フォームは泡立ちが良く、皮脂の落ちも良い、一回の洗顔に必要な量も明確で石鹸と比べると手軽に使えるなど、便利な洗顔料です。そのため、洗顔フォームを使用する方も多いのではないでしょうか。

しかし、一見すると利点ばかり見える洗顔フォームにも弱点はあります。それは、泡立ちや油落ちを良くするために合成界面活性剤の量を増やしたり、複数の種類を併用したりしているため、洗浄力が強くなりすぎていること。強すぎる洗浄力は肌の汚れだけでなく、肌のバリア機能のために必要となる皮脂なども根こそぎ落としてしまい、肌へのダメージにつながる場合も少なくありません。

石鹸を使えば強すぎる洗浄力に悩むことは少なくなります。石鹸には洗顔フォームと同じく界面活性作用がありますが、アルカリ性の性質のため、肌の酸によって中和されます。中和されると洗浄力が弱まるため、肌のバリア機能まで落としてしまう心配はありません。

メリットも多いとはいえ、石鹸であれば全て洗顔に向いているわけではなく、石鹸を作る際に必要最低限の材料しか使っていない、本当の意味での“無添加”の石鹸が良いとされています。ただし、無添加だと防腐剤を使用していないため浴室にそのまま置いているとカビが発生しやすくなります。保管を手間だと感じてしまうこともあるかもしれません。

洗顔に使う石鹸は手作りオリジナル石鹸を使うか、購入する場合には原材料をきちんと確認しなければなりません。また、石鹸の性質は本来アルカリ性ですが、近年は弱酸性、中性の商品も販売されています。それらは「複合石鹸」として販売されており、合成界面活性剤を使っているため注意が必要です。

洗顔フォームは手軽に使えますが洗浄力が高すぎる、石鹸は洗浄力が適度ですが手軽さで洗顔フォームに劣るなど、それぞれメリットとデメリットがあります。汚れを落として肌のターンオーバーを促し、より健康に導くことが洗顔の目的なので、洗顔料は現在の状態にあわせて選ぶのがよいでしょう。

ニコハンドメイドソープは毎日の洗顔にもご使用いただけます。小さな手作り石けんですが保存料、香料、動物油脂などを使用しない植物油脂のオリジナル石けんです。薬事法上の化粧品として届出をおこない、丁寧な作業と管理のもとに作られています。ギフトアメニティ用にも使えるパッケージにしました。1個からお求めいただけますので、ぜひお試しください。