石鹸を泡立てる理由

石鹸を使った洗浄の仕組みは、石鹸の泡が汚れや油分を抱え込むように取込み、それを泡ごと洗い流してしまうことです。石鹸の泡はとても重要な機能をもっています。泡をうまく立てることで石鹸の機能が発揮されます。

十分に泡立て弾力あるきめ細かい泡を作り、肌にやさしくあてることで、皮膚への摩擦をなくし肌の負担を軽減します。細かい泡は、肌に接する表面積が大きくなるため、毛穴の奥にある皮脂、角質などの汚れを包み込み、しっかり落とすことができます。汚れを落とし清潔な状態を保つことで、美容液や化粧水なども浸透しやすくなり、キレイな肌を維持することができます。

もし泡立てが少ないと、十分に汚れを落とすことができず、様々な肌トラブルを招く恐れがあります。また、汚れを落とすために肌をごしごしとこすってしまうと、皮膚に過度の負担を与え、肌トラブルの悪化に拍車をかけてしまいます。過剰なお手入れは、肌を傷つけるだけではなく、美しい肌作りに必要な皮脂まで取り除いてしまいます。肌の潤いを保つ皮脂を過剰に取り除くと、乾燥や肌荒れを促進させてしまう可能性があります。肌を刺激し過ぎると、黒ずみの原因であるメラニン色素の生成が活発になります。

肌トラブルを防ぐためにも、石けんを十分に泡立てて、泡を肌になじませるようにやさしく洗いましょう。また、肌のことを考えるのであれば、洗浄方法だけではなく、肌に負担をかけない石けんを選ぶことも大切です。

ニコハンドメイドソープは小さなディスク型の石けんが2つはいったパッケージ。タテヨコは標準の名刺サイズほどです。小さな石けん一つをコンパクトな贈り物にするのはいかがでしょうか。味わいのあるクラフト紙のパッケージにはデザインのあるもの、無地のものがあります。無地のものにはメッセージを書いて。退職の挨拶や結婚式二次会のプチギフト、引っ越しのご挨拶、イベントの景品、店舗来店のプレゼントなど、ご利用方法はアイデア次第です。無香料でくせのない石けんはどなたにもご使用いただけます。